脱毛 沖縄

サイトメニュー

VIO脱毛について | VIO脱毛で注意しないといけないこと | VIO脱毛の回数 | VIO脱毛の料金 | VIOを部分脱毛で受けられる脱毛サロン・医療脱毛クリニック | VIOの永久脱毛はできるの? | VIOの痛み | VIOで痛みを感じるのは肌質や毛質に関係があった | ハイジニーナ脱毛の男性・彼氏の反応

 

VIO脱毛について


女性なら誰でも気にするのがVIO脱毛だと思います。とくに生理中のムレやかゆみ、不快感に悩んでる女性は多いですよね。それだけではなく、見た目でも水着や下着からはみ出してる毛は恥ずかしいですし、気になりますよね?それに温泉とかで他の人に見られるのは恥ずかしとかもあると思います。

 

だからと言って自分で処理をすると今度はチクチクしてしまって余計にかゆくなったり、下着の布の隙間からはみ出したりして悲しいことになります。でもそんな悩みも脱毛サロンや医療脱毛クリニックとかで処理をしてしまえばかゆみ、ムレとかの不快感は無くせるんです。

 

VIOは3パーツに分かれます

知ってると思いますけど、改めて見ておきましょう。

ショーツの上や両サイドの部分のVライン

他の人が見た時にまず目に入るのはVラインです。だからこそ一番気にする箇所でもあるかもしれないですね。見える場所だからこそキレイにしておきたいって思う人も多いはずです。

足の付け根にあるIライン

生理中のムレやかゆみはこの部分が一番敏感になりやすいです。この箇所を処理する事でデリケートゾーンを衛生的に保てて、ムレなどによる雑菌の繁殖を少なくすることができますし、下着を着た時に見える心配はありません。

お尻の周りのOライン

VラインやIラインと違って自分で見るのがなかなか難しくて、自己処理も大変なOラインですが、人によってはほとんど生えてない人もいますし、縮れ毛が結構ある人もいます。自分で処理するのはなかなか難しいのであまり自己処理でも手を出さない箇所かもしれないです。かだらこそキレイにしておく必要はあります。

 

VIO脱毛で注意しないといけないこと


VIOラインは皮膚が薄い上に太い毛や細い毛の両方が生えてるので全身の中でも処理が大変な部分です。だからこそ間違った自己処理やクリニック・サロン選びをしてしまうと炎症を起こしたり、通うことが嫌になってしまうこともあります。

自己処理はできるだけしないように

毛抜きとかで自己処理をしてしまうと、肌トラブルの原因にもなるのできをつけてください。さらに自己処理で家庭用脱毛器を使用する場合は簡単に脱毛できますが、黒ずみや日焼けに反応してやけどしてしまうこともあるので注意してください。

Vライン・ビキニライン

Vライン・ビキニラインの脱毛は他のIOラインに比べればそこまでの痛みはない人もいますが、それでもIOラインに比べて毛が密集してるので光脱毛の効果は強くでます。その為痛みに弱いと痛く感じる人もいると思います。

 

サロンによってはVラインプレートみたいなものをくれて、それを自分のVラインにあてがいます。そしてそこからはみ出した部分を自分で処理しておけば当日はそれに沿って脱毛してくれるので毛がはみ出して恥ずかしい思いをしなくても済むようになります。

Iライン

Iラインは見ずらく、そしてデリケートな部分でもあるので自己処理はすごく難しい場所です。だからといってそのままにしておくと、雑菌が繁殖してできものができることもあるので。、生理中にムレやかゆみの原因になるんです。さらにムダ毛をそのままにしておくと、下着や水着からはみ出してみえてしまっていたりとかして見た目もあまり良くないです。でも自己処理をすると見えずらい箇所でもあるので肌トラブルになりかねません。そうならない為にも自己処理をするよりは脱毛サロンで処理してしまった方がいいかなと思います。

Oライン

Oラインは生えてる人もいますし、生えてない人もいますけど、意外と自分がどっちなのか知らないでいた人もいます。自己処理するのに鏡を見てたら生えててショックを受ける人もいるみたいですよ。このOラインのムダ毛も結構生理中のにおいとかムレの原因になります。自分ではわからない場所でもあるので知らずに下着からはみ出していたりしたら恥ずかしいですよね。Oラインは粘膜に近い部分でもあるのでできるだけ自己処理をするよりもサロンで脱毛した方がいいかなと思います。

肌トラブル

毛嚢炎(もうのうえん)・・・皮膚が炎症を起こして、膿が溜まってできるニキビのような赤いぶつぶつのことです。
埋没毛(埋もれ毛)・・・毛が皮膚の下で成長してしまう状態で、黒いぶつぶつのようになります。

 

VIO脱毛の回数


全身脱毛は12回コース等の回数でしっかり効果が出るようになってますが、VIOは他の箇所に比べて一本一本の毛が太く密集してるので12回では完了しないことがあります。目指したいVIOになる為の回数を表にしてみました。

脱毛サロン 医療脱毛
効果を実感できるまでの回数 5回前後(約1年) 3回前後(半年)
毛が薄くなり始めた 最大で11回前後(約2年) 5回前後(約1年)
完全に毛が生えてこなくなるまで 12回以上(約3年〜定期的に) 6回以上(約1年半)

こう見ると医療脱毛の方が早いですけど、医療の場合は永久脱毛の効果があり、光の出力も高いので短く済みます。脱毛サロンは抑毛効果の為光の出力は低いのでその分医療脱毛の倍はかかります。その為、Vラインに関しては回数無制限で行えるようなサロンもあります。ずっと続けることで効果を上げていく為です。

 

VIO脱毛の料金


実際料金で考えればどうでしょうか。期間は医療脱毛の方が半年近く早くに脱毛が完了しますが、料金を見ていきましょう。

項目 ミュゼプラチナム 湘南美容外科クリニック
VIO料金

Vライン⇒無制限 100円
Iライン⇒8回 18,000円
Oライン⇒8回 18,000円
合計 36,100円

VIO脱毛セット5回 61,900円
合計 61,900円

完了まで脱毛した場合

Vライン⇒無制限 100円
Iライン⇒12回 27,000円円
Oライン⇒12回 27,000円円
合計 54,100円

VIO脱毛セット5回 61,900円
合計 61,900円

今回はミュゼと湘南美容外科を比べてみましたが、ある程度の回数であれば脱毛サロンの方が安いですが、完了までやろうと思うと脱毛サロン12回分と医療脱毛5回分の料金はそこまで変わらないのがわかります。それでも多少は脱毛サロンの方は安い感じはありますが、通う回数や期間を考えたらどちらもそこまで差はないように感じます。

 

VIOを部分脱毛で受けられる脱毛サロン・医療脱毛クリニック


おすすめは光脱毛での脱毛処理です。デリケートゾーンは皮膚が薄くて痛みを感じやすいので痛みを軽減してくれる光脱毛は痛みが苦手な人にはいいと思います。

サロンのページ サロン名 料金
ポイントサイト用 ミュゼプラチナム Vライン美容脱毛3,600円、ハイジニーナ7VIO脱毛コース4回36,000円〜
美顔&脱毛セットプラン2,000円 ジェイエステティック デリケート5プラン5ヵ所2回5,000円
両ワキ脱毛	TBC VIO・5脱毛プラン2回初回6,000円
ビーエスコート VIO脱毛 39,000円
SBC根こそぎレーザー脱毛3400円 湘南美容外科クリニック ハイジニーナVIO6回コース58,000円

 

VIOの永久脱毛はできるの?


永久脱毛は一生毛が生えてこない事だと思ってる人もいると思うんですけど、実はそれは間違いなんです。永久脱毛は脱毛が完了してからか月後に毛量が20%以下だったら初めて永久脱毛できたっていう考え方なので注意です!

 

脱毛サロンではもちろん永久脱毛はできないので、永久脱毛をしようとしたら医療脱毛クリニックに通うしかないです。使ってる脱毛器の出力が高いので回数も少なく、短時間で脱毛が完了します。

永久脱毛としての効果はあるのか

VIOはとくにデリケートで荒れやすい箇所です。その為人によりますけど、永久脱毛を選ぶ人はいます。回数を重ねれば効果は確実に実感できるのは上でも書きましたけど、それまでには回数もかかります。個人差があるので10回くらいで生えてこなくなる人もいれば12回とか18回通ってやっと少し効果があったって人もいるので難しいです。

 

その点医療レーザー脱毛は脱毛サロンの脱毛器よりも出力が高く、効果が早くに出る分、デリケートな肌を傷つけてしまったり、やけどみたいな状態になってしまったりする可能性があります。ただ、全員がそうというわけでもないのでほとんどの人は問題ないと思うので、効果はしっかりあると思いますよ!

 

実際どちらが効果があるのかは完全に個人差ですけど、あまり痛みを感じないでしっかり効果を出したい人には脱毛サロンの方が私はいいかなと思います!脱毛サロンでも通っていれば永久脱毛と同じような状態にすることはできますし、定期的に通い続ければ効果は長持ちするのでそれこそ永久脱毛と同じようなものだと思います。

 

VIO脱毛の痛み


デリケートな部分なので脱毛すると痛みがあります。ただ、その痛みは光脱毛、レーザー脱毛、針(ニードル・電気)脱毛によって違いがあります。さらに痛みの感じ方は個人差があるのでなんとも言えないですけど、痛みの強さについて少し書こうと思います。

 

針(ニードル・電気)脱毛

サロンでもクリニックでも使われてる脱毛方法ですが、方法は細い針を毛穴にそれぞれ差し込み、毛根事態を焼く方法です。根元を壊すので永久脱毛になるんですけど、痛みはどの脱毛方法よりも強いです。さらに一本一本処理をするので時間もかかります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は資格を持った医療でしかできない脱毛方法です。メラニン色素に対して反応する光を当てる事で毛根細胞を破壊していきます。その為この方法も永久脱毛になり、ムダ毛が生えにくくなります。細胞を破壊するだけの出力があるのでそれだけ痛みは強く感じます。ただ、医療脱毛になるので痛みが強い時は麻酔を使って痛みを無くすこともできます。

光脱毛

光脱毛は脱毛サロンで行ってる脱毛方法です、光の出力は低く、痛みはほとんどありませんが、その分細胞を破壊する事はできないので、効果もそこまで高くありません。その為、永久脱毛をすることはできないんです。痛みが少ない脱毛方法では光脱毛はおすすめできます。

 

VIOで痛みを感じるのは肌質や毛質に関係があった


VIOは肌、毛質、場所の3つの全てが脱毛での痛みを感じやすい状態になってる箇所です。とくにIOラインは痛みを強く感じる人が多いです。人によっては痛みで泣く人もいるんだそうです。たとえ痛みがそこまでない光脱毛でも痛みを強く感じる人もいます。

VIOの肌の状態は?

VIOの肌はそもそも粘膜部分が近くて非常に薄いので痛みや熱はとくに感じやすいと言われてます。それからIOラインは肌と肌がこすれたり、下着の摩擦で黒くなりがちです。そうなるとレーザーとかのメラニンに反応する脱毛は色が濃いとことには強く反応するので肌に反応してしまい、痛みが出やすくなります。

VIOの毛質

他の箇所に比べてVIOは毛が太くて濃いので光脱毛等の効果は強く反応するので痛みが出やすくなります。効果が高い分伝わる熱が強いので熱が痛みとして伝わりやすいです。

 

VIOの毛質はほとんどの人が濃く太いので毛量が多く、密集しています。肌が薄いのもあって痛みが強く出るんです。

 

ハイジニーナ脱毛の男性・彼氏の反応


女性としては毛のない状態の方が嬉しいですけど、男性は必ずしもそうではないみたいですよ。男性うけを取るか楽さを取るかは悩みます。男性は女性の脱毛に対しては良しとしてる人が結構多いみたいです。

 

VIO脱毛におすすめの脱毛サロン・医療脱毛

 

自然のままの状態が好きな人もいればない方が好きな人もいますし、整ってれば生えてても気にならない人もいるみたいで、どうしたらいいのかわからないですよね?でも見る限りキレイであれば良さそうなので思い切って脱毛してみるのはありだと思いますよ!